結婚式招待状宛名書き

心を込めて結婚式招待状宛名書き

結婚式の招待状が届くと、とてもワクワクします。自分の結婚式を思い出すし、慣れない筆文字で書かれた封書の宛名書きで、こちらまでドキドキしてしまうからです。

 

友人の中で一番最初に結婚した子は、結婚式招待状宛名書きをプロに代筆してもらっていました。見栄えはとても立派でしたが、何となく味気ない感じがしました。

 

結婚式の招待状は、中を開けても手書き部分などほとんどないので、やはり宛名は下手でも自分で書いた方がいいなと思いました。

 

いざ自分が結婚式の準備を始めると、やらなければいけないことの多さに、代筆を頼もうか迷いました。でも招待状って、式のホストとして「ぜひお越しください」の気持ちが伝わらないといけないと思うのです。寝る時間を惜しんで、せっせと書きました。

 

来月、一番の親友が結婚します。届いた結婚式招待状の宛名は、彼女の可愛らしい文字で書かれていました。彼女の丸みがあって、優しくて、明るい雰囲気の中に、新しい人生へ気持ちが引き締まっている様子が出ていて思わず微笑みました。

 

「ちょっと緊張してるけど、しっかりやるから見届けに来てね」そんな事どこにも書いてないけど、彼女の招待状から聞こえてくるようでした。私の招待状からもドキドキが伝わっていたのでしょうか。心を込めて書いた文字には、相手に語りかける何かがあります。