遺産相続や会社経営の際に必要な存在の税理士ですが、日本国内に七万人以上いる税理士の中から、誰を選べば良いのか迷う場合もあると思います。

中には、「誰だっていいや」と思う人もいるかも知れませんが、財産や所得、家族関係など、自分の大切な部分を包み隠さずさらして付き合うことになるのが税理士なのですから、「誰でもいい」というわけにはいかないのではないでしょう。

それでは、どんな税理士が良いのかというと、それは自分の依頼内容に強い人を探すべきです。

例えば遺産相続などの場合、数年に一度くらいしか経験していない税理士も少なくありません。経験の少ない人よりも多い人に依頼すべきです。

同様に、事業における資金繰りや事業承継などの場合も、できるだけ経験豊富な人に頼むのが良いでしょう。

自分にとって最適な税理士とは、自分が何を求めているのかで決まるのです。

単に各種申告書の作成や簡単な経理の記帳代行程度であれば誰でも良いかも知れません。しかし、自分の求めるものが特殊な内容になればなるほど、それに強い人を探すのが原則です。

今はネット検索で税理士の情報も手軽に手に入ります。まずは情報入手です。そして、できるだけ複数の税理士に会って、実際に話をしてみると、より選びやすくなります。

足立区税理士とは

税理士とは、税理士法で定められた国家資格です。税理士となる資格をを持った者で日本税理士会連合会の名簿に登録するとなれます。

業務内容は、税務官公署に対する租税に関する法令若しくは行政不服審査法に基づく申請、申告や請求などをする税務代理です。

次に、税務官公署への申告書や申請書、請求書を作成する税務書類の作成業務があります。他にも税務相談があります。

以上の業務のうち、私の会社ではよく税務代理や税務書類の作成を税理士に依頼します。

このような書類の作成などは専門的な知識が必要で、税理士などのプロに任せると早く仕上がり、何度も相談しなくて済むので時間的に余裕が出るというメリットがあります。

その余った時間で別の仕事が出来ます。